九州大学学生後援会設立趣意書

 九州大学は、日本のあらゆる分野で指導的立場に立ち、国際的に活躍する有為な人材を育成する使命を担っております。大学が真にその目的を達成するためには、教育研究環境の整備とともに不断に学術研究の振興と教育内容の強化充実を図っていくことが不可欠ではありますが、同時に課外活動の充実や生活環境の整備によって豊かな学生生活をもたらし、学生の人間形成を助長するための方策を促すことも重要であります。
 このため、学生の学業、課外活動への助成、学生の進路指導に必要な助成及び大学の行う諸行事に対する援助等各分野にわたる助成を主目的として、我々父母・教職員等の会員が相互の連帯感を強め、九州大学の健全な発展を援助することとし、平成13年2月7日九州大学学生後援会の設立を発意したものであります。

九州大学学生後援会会長の挨拶

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
九州大学学生後援会は、学生の学業及び課外活動を助成し、併せて会員相互の連携を強めることを目的とし、平成13年2月に九州大学学生の保護者等の発意により発足しました。
 発足以来、15年余りにわたり、サークル活動や九大祭への支援、研究活動支援など学生後援会ならではの支援の方策を模索し、九州大学学生の学生生活が充実することを願い、支援を続けてきたところです。
 一方、近年、大学でも基金事業が立ち上がり、様々な支援方策が実施され、学生後援会の支援と類似したものが多く見受けられるようになりました。
 そこで、学生後援会の組織や事業について見直しが検討され、課外活動支援や緊急時における経済支援などに特化した支援を行うこととなり、このたび、九州大学総長が学生後援会の会長に就任することとなりました。
 大学生にとって、勉学が第一義であることはいうまでもありませんが、課外活動をはじめとした授業以外の時間における経験は、この学生時代にしか経験できないことがたくさんあるかけがえのないものであり、これから社会を担っていく人間形成の観点からも大切な時間であることは間違いありません。
 九州大学の学生が、九州大学の学生であったことを誇りに思い、世界で活躍できる人として成長できるよう、会員である保護者の皆様や教職員が一体となり支援、学生への支援を続けていきます。つきましては、皆様方にご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
 末筆ながら、皆様方の今後一層のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

敬具

久保千春総長.jpg
九州大学学生後援会会長
九州大学総長
久保 千春

会則等

九州大学学生後援会会則(PDF)
九州大学学生後援会プライバシーポリシー(PDF)





会員向け




学生向け










logo.pnglogo.png